お知らせ

最新のお知らせ(楯野川新聞、ニュースリリースやイベント情報、メディア掲載)をまとめています。

『楯野川の会』が決定いたしました(山形県鶴岡市)

2021年5月17日

楯の川酒造のお酒と料理を楽しむ会が決定いたしましたので、お知らせいたします。

蔵屋敷LUNA:旨いお酒と 日本海の恵みと 山形牛を味わう

楯の川酒造のお酒と蔵屋敷LUNAの特別なお料理&新作の抹茶テリーヌを愉しむ会です。

場所:蔵屋敷LUNA(山形県鶴岡市昭和町12-23)
日時:2021年5月29日(土)
時間:17:30〜(受付開始 17:00~)
料金:税込10,000円(完全予約制)

●蔵屋敷LUNA
TEL:0235-22-1223
※ご予約は、上記店舗へお電話でお願いいたします。
※完全予約制で先着順となります。席がなくなり次第終了とさせていただきます。
※新型コロナウィルス感染症への対策を充分に実施した上で開催いたします。

日本酒WEBメディア『SAKETIMES』掲載記事一覧(2021年5月14日 更新)

2021年5月14日

日本酒専門WEBメディアSAKE TIMESに取材、掲載いただいた記事の一覧です。

2021年
NEW ■山形県の酒蔵の社員が沖縄県に移住!─ 楯の川酒造の事例から考える日本酒業界のリモートワークの可能性(2021年5月)
■世界的ロックバンド「Foo Fighters」と楯の川酒造が夢の共演 ─ コラボの先に見えた音楽×日本酒の可能性(2021年2月)

2020年
■「常に模索中」の思考が新しさを育む─ 未経験から蔵人になった、山形・楯の川酒造の若手社員たちのリアル(2020年11月)
■地元農家とともに“米改革”に挑む楯の川酒造─ 原料米を追求する「守り」と「攻め」の取り組みとは(2020年3月)

2019年
■「音楽と日本酒は似ているかもしれない」― 世界的バンド・Phoenixと楯の川酒造のコラボが新たな“SAKE”の世界を拓く(2019年7月)
■精米歩合1%で“酒米の王様”を味わう─ 楯の川酒造が送り出す究極の1本「光明 山田錦」に込めた挑戦(2019年5月)
■楯の川酒造の世界進出を支える庄内の魅力─ 地元で躍動する蔵元・農家・デザイナーがその価値を語る(2019年2月)
■海外事業は9年で44倍に成長。「マーケティングディレクター」が見据える、山形・楯の川酒造の100年後の未来(2019年1月)

2018年
■「すべてにおいて美しさを追求する」 純米大吟醸を極める、楯の川酒造の“フィロソフィー”に迫る(2018年7月)
■世界を代表するSAKEを目指して。 “超高精白純米大吟醸”で勝負する、山形・楯の川酒造の比類なき挑戦。(2018年6月)
■精米歩合1%、四合瓶で10万円の日本酒はどんな味なのか?─ 山形・楯の川酒造「光明」を一流ソムリエがテイスティング(2018年2月)
■ファン待望のコラボ日本酒第2弾!フランス・パリで開かれた「楯野川 純米大吟醸 PHOENIX Limited Edition」発表会レポート(2018年2月)
■若手中心の造りに大転換! 山形県「奥羽自慢」の新ブランド「吾有事」に込められた熱い思いに迫る(2018年1月)

2017年
■8%、7%、そして1%精米へ──山形・楯の川酒造「光明」が切り拓く新しい日本酒市場とは(2017年9月)
■フランス・パリから発信する日本酒の魅力 〜山形・楯の川酒造が挑む海外市場開拓〜(2017年9月)
■製造量100石から1500石に急成長!全量純米大吟醸に転身した山形・楯の川酒造の軌跡
(2017年6月)

PR TIMES STORYに記事が掲載されました

2021年5月10日

PR TIMES STORYに6代目蔵元・佐藤淳平のインタビュー記事が掲載されました。

記事の内容は、こちら。

【再掲】商品価格改定のお知らせ

2021年5月6日

「山川光男2021なつ」ご予約開始のご案内

2021年4月30日

楯の川酒造も参画している山形県の四蔵共同プロジェクト「山川光男」につきまして、弊社がホスト蔵として担当する「山川光男2021なつ」のご予約を開始いたしましたのでお知らせいたします。

ご予約に関する詳細は、楯の川酒造公式オンラインショップをご覧ください。

1 / 94