Basic ベーシック

Basic(ベーシック)は文字通り、楯野川の王道となるべく完全手造りで醸されたラインナップだ。地元庄内の契約農家にて減農薬・減化学肥料により栽培された出羽燦々と美山錦を中心に、精米歩合を50%に統一し、オーソドックスな山形酵母や協会酵母を組み合わせた。

庄内の郷土料理は勿論、お寿司や天麩羅、懐石、魚料理などといった一般的な日本食に合わせて美味しい、または料理の味わいを下支えするような、王道を往く日本酒を目指し、奇をてらわずに醸している。カジュアルに、そしてエレガントに、華やかな食事のシーンを演出するように設計されたラインナップなので、香りのインパクトやガス感、強い甘みといった要素は期待しないで欲しい。

ただ、製造方法については、自家精米、限定吸水、麹箱による製麹、低温長期醪、プレートヒーターによる急速殺菌・急速冷却など、ハイクラスのラインナップと同じ方法で醸されているので、それらの片鱗を垣間見ることができるであろう。

六代目蔵元 佐藤淳平

純米大吟醸 清流 通年流通

楯野川「Basic(ベーシック)シリーズ」の中核となる、蔵を支える屋台骨的な存在のお酒です。その名の如く、出羽富士「鳥海山」の麓を流れる清流のような透明感をイメージしました。

アルコール度数は14度台と若干低く設計されており、ライトかつソフトな印象で、日本酒ビギナー向けの酒質です。

このお酒を入り口として、ぜひ上のクラスの楯野川に挑戦していただきたいと思います。

純米大吟醸 美山錦 中取り 通年流通

「中取り」とは、搾りの工程において香味バランスが一番良いとされる部分のこと。この「美山錦 中取り」は、端的に言えば、一番美味い部分だけをビン詰めした贅沢なお酒です。

「美山錦(みやまにしき)」は、米が溶けにくいことから扱いやすく、楯の川酒造でも長年愛用してきました。

派手さはありませんが、食事と合わせてじっくり、ゆっくり、味わっていただきたいです。

純米大吟醸 出羽燦々 中取り 通年流通

「出羽燦々(でわさんさん)」は山形県オリジナルの酒米。楯の川酒造で使用する出羽燦々は、慣行栽培よりも50%以上農薬や化学肥料の使用を抑えた“特別栽培”によって地元の契約農家に育てられています。

「中取り」とは、搾りの工程において香味バランスが一番良いとされる部分であり、この「出羽燦々 中取り」は、酒米が持つ良さを存分に引き出した一本です。

純米大吟醸 本流辛口 通年流通

辛口といえば淡麗辛口がその代表格という観念が一般的ですが、それとは一線を画したお酒です。

米の旨味と後味の切れの良さ、一見相反する要素のように見えますが、この「本流辛口」はその両方を兼ね揃えています。

楯野川の中で一番食事と合わせやすく、特に刺身・寿司とは抜群にマッチします。お酒だけで飲むことはお勧めしません。

純米大吟醸 主流 限定醸造

楯野川のメインストリームとなるように設計された純米大吟醸です。

酒米の王様・山田錦を使用していることから、味わいに厚みがあり、香りも華やか。冷温下で熟成させると、しっとりと落ち着いてきてお酒としての完成度がより増すので、暫く寝かせても面白い。

楯野川の他の通年商品と比べると製造数量が少ない、限定醸造のお酒です。

純米大吟醸 雄町 限定醸造

古来より酒造りに使われてきた歴史を持つ酒米・雄町を醸した、クラシカルで王道的な純米大吟醸です。

本場岡山県産の雄町を100%使用。雄町に山形酵母KA(9号系)を合わせての醸造で、香りは穏やか。派手さはなく落ち着いた印象ですが、しっかりとした芯・骨格を持っています。

毎年タンク2本分だけ仕込まれる、限定醸造のお酒です。

純米大吟醸 爽辛(そうから) 季節限定

毎年夏季に数量限定で出荷される、楯野川の夏酒です。

日本酒度はプラス二桁台で、この数値だけをみると「結構辛いのでは」と思われがちですが、完全発酵により糖分が残っていない分、口当たりは軽快ですいすいと飲み続けることができます。

冷凍庫でキンキンに冷やして飲むか、氷を浮かべてロックスタイルで飲むことをお勧めします。

【例年5月下旬頃 出荷開始】

純米大吟醸 源流 冷卸(げんりゅう ひやおろし) 季節限定

毎年秋季に数量限定で出荷される、楯野川の冷卸です。

もろみを搾ってできた原酒をアルコール度数が高いまま火入れ殺菌し瓶詰めしていることから、楯野川の根源となるお酒と捉え、「源流」と命名しました。

瓶詰め後に冷温下でひと夏を越し、適度に熟成して円くなった味わいを、秋の味覚と合わせてお楽しみください。

【例年8月下旬頃 出荷開始】